ブログ

先日、浜松のお客様のお誘いを頂きまして、
浜松市天竜区春野町へドライブに
アクションカメラとミラーレス一眼を両手に
同行させていただきました。

今回のツーリングでは

ルノーアルピーヌA110が2台
アルファロメオ ジュリア
フェラーリ 308GTB
ライレーエルフ

が参加しておりました。
カッコいい・憧れる・味のあるクルマ達です。

浜松の素敵なツーリングコースを走りながら、カッコいい車をカッコよく乗りこなす事について考えてみました。
クルマは乗れば乗るほど年季が入って魅力が増してきます。
その車の魅力に負けないドライバーの魅力とドライブテクニックとは何か。

その事について書いてみました。

そんなカッコいいクルマに乗っているから、
カッコいいと思ったら、大間違いなんですよね。
クルマがカッコいいだけだと、
正直、カッコ悪いんですよね。。。
乗っている人が、クルマにあっているかで決まると思います。

まず服装は基本だと思います。
カッコいいクルマは、ファーストオーナーの好みによりますが、
ボディカラーと内装の色や造りにこだわりがあります。
そのクルマに合わせた服装にするのがカッコいいと思います。
以前、僕が担当させていただいたお客様で、
深いグリーンのブガッティをお乗りで、
そのグリーンと同じ色のドライビング用の革靴を
オーダーされていた方がいらっしゃいました。
せっかくのクルマからドライバーが降り立ってきたときに、
そのクルマと雰囲気が合っているかは大切だと思います。
また、スポーツカーにスーツ等のアンバランスさを
楽しまれるのもいいかもしれませんね。

つぎにドライビングテクニックですかね。
クルマの挙動で上手い下手かがでます。
シフトチェンジは特にでますよね。
ヒールアンドトゥは腕の見せ所です。
アクセルを煽って、ギアの回転は合っているのに
ブレーキの踏力が一定ではなく
車体がガクガクしていたりするとカッコいいとは言えません。

そしてやはり、楽しんでいるかどうかです。
楽しそうに運転していると、見ている人も楽しいものです。
楽しいとついつい自分勝手になりがちですが、
それはサーキットでガチでやってもらいまして、
公道ではカニ走りなどせず、周りのクルマに気を使いつつ、
楽しんでもらいたいものです。
心から楽しんでいる人は、カッコいいと思います。

今回のドライブコースは浜松市内から、
本田宗一郎出生の地である二俣でランチをしつつ
春野町の自然を楽しみながら袋井を抜けてきました。
夜はウナギを食べ浜松の良さを堪能してきました。