ブログ

カーコーティング手法について

カーコーティングには、ポリマーコーティングガラスコーティングがあるのをご存知ですか?
最近のコーティングにはいろいろと種類がありますが、
ポピュラーなものとしてポリマーコーティングガラスコーティングがあります。

そもそもカーコーティングとはボディの塗装面を保護し光沢を出す技術です。
塗装面の保護とは、飛来物等の物質的なダメージをイメージする方も多いと思いますが、
実際には紫外線や雨、埃等により徐々に塗装面が痛んでいく状態にするものです。
新車の時のような艶が無くなってきますので、コーティングにより塗装面を保護します。

画像の様にカーコーティング前だと艶がなく光沢もそこまでないのですが、
コーティング剤を施工すると艶々になり光沢が出ます。

ポリマーコーティングについて

それではまずは、ポリマーコーティングについて説明します。
ポリマーとは小さい分子が沢山くっついている状態をいいます。
ポリマーはワックスの進化させたもので、主にシリコンやフッ素等の成分を
沢山含んだコーティング剤です。

ワックスと同じで割と簡単に施工できて長持ちします。
そして、溶剤自体がリーズナブルなのが特徴です。
やろうと思えば、誰でも洗車の延長で気軽にできてしまいます。
保管状態にもよるのですが、酸化して劣化していきます。
ただ、最近のポリマーコーティング製品の中には、
ガラス成分も織り交ぜているものもあり、そちらは長持ちします。

ガラスコーティングについて

一方、ガラスコーティングは、ガラスの主成分である二酸化ケイ素で
構成されているコーティング剤を使用します。
そのガラス被膜を塗装面に塗ることで層を作ります。
表面に埃などの汚れがついても、雨が降ってきたらさっと汚れを洗い流してくれるのが売りです。
また、紫外線や熱による劣化も防ぎ、塗装面の劣化を軽減することができ長持ちします。

効果には親水式と撥水式の2種類あります。
雨降りの日は撥水式の方がはじいてくれるので効果がわかりやすいのですが、
ウォータースポットと呼ばれる、水滴が長時間、塗装面の上にあることで
直射日光を浴びレンズをとおして高温化して、
白く丸い雨染みができる現象ができることがあります。
一方、親水式の方が汚れが付着しづらいという性質を持っていて
水滴にならなくウォータースポットもあまりできません。

ポリマーコーティングとガラスコーティングを比べると、
コスト面ではガラスコーティングの方が圧倒的に高いです。
しかしながらコーティングの効果の持続性は、
ポリマーコーティングよりガラスコーティングの方が圧倒的に持ちます。

直射日光を浴びるような青空駐車をしていると、
ポリマーコーティングは数か月で熱で劣化しますが、
ガラスコーティングは熱で劣化することがそこまでないため数年持ちます。

結果的には、やはりガラスコーティングの方が長持ちしてコスパも良くなるんです。

どちらにせよ、一番大切なのはコーティングをかける前に
機械を使ってコンパウンドで磨くボディの下地作りですね。
しっかりと下地を作ってコーティングを施工すると綺麗になります。

クールマンのカーコーディングのページはコチラです。
https://coolmancar.com/coolman-service/carbeautypro/