ブログ

花粉が車のボディにどんな影響があるの?

この時期は花粉症の方にはつらい季節ですが、
実は車の塗装にとってもつらい季節なのです。

花粉は車の塗装面にべっとりと付着します。
花粉だけだと取れにくいという程度ですが、
雨や水滴がついてそのまま乾いてしまうと
かなり厄介な状態になります。
 
花粉にはペクチンというタンパク質で
構成されており、水に濡れると殻が破れて
ペクチンがでてきて塗装面への吸着を促進し、
乾燥すると収縮時に塗装を痛めます。
 

必見!車の花粉対策とはすぐに〇〇することが大切。

 まず「花粉がついたらその度に洗う」そう洗車なんです。
花粉がついたら、ペクチンが塗装に吸着する前に洗ってしまえば問題ありません。
 

では洗車をしないで、油断して花粉の影響で車の外装にシミができたらどうするか。

その場合は、50度くらいのお湯で浸したセームなどのクロスで吹き上げます。

この時にクロスは絞らず拭き取ります。

 

弊社では耐油グローブをつけて拭き取っております。
また、花粉がついて数日放置した場合、
ペクチンが塗装面に侵食していたら
沸騰する前くらいの熱いお湯をかけます。
 
ペクチンは熱に弱いので、
炎天下にさらされたボディだと
花粉のシミが消えることもありますが、
すぐ洗い流すことがおすすめです。

洗車よりももっと有効な事前処理があった

これまでにご紹介をしたので全て事後処理ですが
実は、未然に対策をする方法もあるんです。

それはガラスコーティングです!
無機質素材で構成されたガラスコーティングを施工すれば
雨が降れば花粉を洗い流してくれますし、
こびりつきやシミを防ぐのに効果があります。

コーティングで花粉対策!お勧めです!

クールマンのコーティングサービスはコチラ
https://coolmancar.com/coolman-service/carbeautypro/