ブログ

三浦です。

オースチンヒーレースプライトMK1が入庫しておりますので、
ちょっとこの場を借りて説明させていただければと思います。

このヒーレーは日本では通称「カニ目」、
海外では「バクアイ」と呼ばれております。

1950年代のクルマで、車重が600キロ位と
イギリスのライトウェイトスポーツカーの先駆け的な存在でもあります。

僅か3.5mとコンパクトなボディですが、
運転するポジションがリアタイヤ前になり、フロントが長く見えます。

優雅なロングノーズボディのクルマを運転しているようなんです。

通常カニ目に搭載しているエンジンは950ccなのですが、
このAシリーズエンジンは800~1300ccまでありますので、積み替えができます。

こちらは1300ccを搭載しておりますので、力強く走ってくれます。
フロントのボンネットは重い鉄製なのですが、FRPにしております。
この軽量化の為、車重も500キロ台になっていると思います。

復刻版のヒーレーも1995年に1300のエンジンとFRPボディ、5速MTで登場しているのですが、
こちらの車両はオリジナルとなっております。

運転しますと、けっこう勇ましい音なんです。
高速を走ると80キロで巡行しても全く問題なく、風を感じながら本当に楽しく走ってくれました。