ブログ

マツダオートザムAZ-1と言えば

1990年代を代表する軽スポーツカーの代名詞。

ガルウィング、リアミッドシップが特徴ですが、

なんと驚くは販売台数が5,000台という事!

市場に出回らない車体の為に中古車市場ではかなり値が張ります。

エンジンは排気量657㏄の水冷直3ターボでカプチーノと同じですが、

超コンパクトボディで車重が720キロなので、

運転しているとゴーカート感覚です。

スケルトンモノコックボディ

AZ-1はスケルトンモノコックボディという構造を採用しています。

フレームという骨格部分のみで、ボディ剛性を確保してます。

なので外装パネルにFRPを使うことができ、

極端の話外板パネルがなくても、ようはスケルトンで走行することができるのです。

外板を取り換える事でスタイリッシュに個性を楽しむことが出来ます。

 

車内の特徴

AZ-1の車内はかなり狭い!笑

背の高い人や体格の大きな方はとても窮屈になるかもしれません。

シートも特徴的で前後の動きは出来るのですがリクライニングの調整は運転席にしかついていません。

この不便さもファンにはたまらない要素なんです。

 

1992年式 走行距離86000キロ

 

是非一度ご覧になられてください

横浜市都筑区中古車買い取り販売のクールマン
取り扱いの車種一覧はこちらでご確認いただけます。
https://www.carsensor.net/shop/kanagawa/308534001/stocklist/