ブログ

梅雨時期って洗車しても意味があるの…?

皆さま、こんにちは!一沙です😊
もうすぐ梅雨の季節、神奈川県も台風発生を機に連日雨の日が多くなってまいりました。
気分が不快だと何事もネガティブに感じやすいので、この時期はしっかりと気分転換して乗り切りましょうね♪

さて、今回はそんな梅雨時期に気になる洗車についてお話しようと思います。

1週間の天気予報を見ても雨雨雨…洗車しても意味無いし…
果たしてどうなんでしょうか?

「梅雨時期にお車に起きる被害、教えます!」
・酸化共鳴
・紫外線
・太陽光による熱

実は梅雨時期の雨や太陽光を甘く見てはいけない!
車にとって過酷な時期なんです!

どうせ雨ばかりだから…といって、汚れを放置したままにしておくと、酸化共鳴という現象が起きます。

単なる汚れも放置することで酸化し、塗装面へも酸化が進みます。
塗装面やワックス面は酸化しやすい物質で出来ており、酸化物は隣接する物質にも酸化させようとする働きがある為、汚れと塗装面がダブルで酸化して一体化した状態になります。
これが酸化共鳴です。

そこに酸性雨が降ったら…
酸化共鳴の手助けをしてしまうことになります!
紫外線は酸化をより進める効果があり、汚れを放置し酸化したボディに酸性雨が降る
→その後紫外線が当たる
→酸化共鳴を早めてしまうことになってしまいます。

また、梅雨時期は雨ばかりですが晴れの日も当然ありますよね。晴れの日は真夏のような太陽光がボディに当たります。太陽光が当たり熱せられたボディに雨水が残っていると起きるのは、水垢とウォータースポットです。水垢はクリーナーにより落とせますが洗車だけでは落ちないです。
ウォータースポットは洗車では落とせないシミですね。

「洗車のプロが教える、梅雨時期に車を守る方法!」ですが、こまめな洗車が一番です!
酸化共鳴を防ぐ為にも、雨が降ったら早めに洗車をしましょう。
雨の前に洗車するのは効果的です。

なぜなら、綺麗なボディに雨が降っても酸化共鳴は起きないんです!

これからの時期、晴れの日は日差しがとても強くなりますね。炎天下の洗車はお車にも体にも良くありません。ご自身でするにも、慣れない方はかなり大変だと思います。

そんな時こそ是非とも弊社にお任せください。
お待ちの間は涼しい店内の中でのんびりすごすのもよし、目の前のららぽーと横浜店さんでお買い物するのもいいですね!
外にお出かけの際は最大3時間まで無料でお預かりしております。ご予約制となっておりますので、お電話またはメールにてご連絡ください♪

お写真は先日洗車でお越しいただいたお客様のA5です!かっこよさに磨きがかかり、思わずうっとりしてしまいました!

スタンダード洗車でボディとタイヤをピカピカに仕上げました😊