ブログ

自動車の衝突事故には2種類ある

自動車の事故で、一番多いのがフロントでの衝突事故です。
当然ですが、ほとんどの車は前進して走っていますので、
最も多い事故はフロントになります。

そのフロントの事故には、主に二つの衝突名がありまして、
因みにわき見や居眠り運転などで、真正面にぶつかることを

『 フルラップ衝突 』 といいます。

フルラップ衝突は意外と珍しく、

主に『 オフセット衝突 』 と呼ばれる

ぶつかる寸前に運転手が回避行動をとり、

ハンドルを切って右前か左前にぶつかってしまう衝突が
ほとんどフロントの事故では多いです。

Cool Mountain Blog

この写真はメーカーでのオフセット衝突のテストをしているものです。
お互いに右フロントを、ぶつけあっているものですが、
事故をした時の損傷が、すごいのが分かりますね。

Cool Mountain Blog

こちらのオフセット衝突テストの画像は、
衝撃がどのあたりまで走るのかを確認するために
天井に印がついております。

結構衝撃の強さがわかりますね。
どの自動車メーカーでも衝突テストは、2001年の基準から、
時速64キロでノンブレーキの状態でぶつけて行います。

Cool Mountain Blog

こちらの画像で注目すべき点は、赤丸の3か所が衝撃で
歪んでいるという点です。

最近の車は、衝撃を吸収しやすいので、あちらこちらが
変形いたしますので、そちらを注意しながら見極めることが大切です。

車のフロント部の修復歴について説明いたします

ではフロントの修復歴を少し説明しますね。
初めにこちらの図の9つの骨格やパネルを修理すると
修復歴有になります。

査定の知識①  修復歴(事故車)の定義とは 

上記の図の

①フレーム(左右のサイドメンバー)

②フロントクロスメンバー

③フロントインサイドパネル

⑨ラジエーターコアサポート交換

(インパネと溶接されたモノ、ボルトで止められているものは
交換されても修復歴にはなりません。)がフロント部分の骨格です。

 

そして、この画像の損傷個所を図と照らし合わせて見てみましょう。

Cool Mountain Blog

これはメルセデスベンツEクラスで、右フロントのオフセット
衝突事故をした車両です。

黄色の丸が、右サイドフロントインナーパネル(インパネ)で、
ぐしゃぐしゃです。

緑の丸が、ラジエーターコアサポートで、ここまで損傷が激しいと
間違いなく交換です。
コアサポートとインパネがとまっていた先端がちぎれてますね。

赤丸が、フロントクロスメンバーとフレーム(右サイドメンバー)のジョイント
部分です。 歪んでいるのがわかるかと思います。

3つの丸で囲っている部分は、どちらも損傷すると 『 修復歴有 』 に
なり事故車です。

フロントの事故は著しく走行に支障をきたすことがありますので、
結構注意が必要ですね。