ブログ
今日はロータスエラン・スプリントで
快適にドライブするための方法をご紹介します。
真夜中のドライブ。
と言いたいところですが、クールマンにある旧車達は
定期的に走らせないと途端に愚図ります。
この時期は暑いので、日があるうちに走らせると
クルマもドライバーもオーバーヒートしてしまうので、
真夜中に走らせて調子をみます。
因みにこのエランはエンジンをかける前に
3分以上決った儀式をしないとエンジンがかかりません。
エンジンをかけても水温計の針が70度位になるまで5~10分暖気します。
エンジンオイルがエンジン全体に回って、金属が熱膨張し
エンジンがベストに稼働できる状態にしてからやっと走ることができます。
そして走り出しても、今度はミッションやサスなど
動かすことによってオイルを馴染ませるパーツ群を
ベストな状態にもっていきます。
延べ30分くらいかけてようやく普通に走らせることができるのです。

めちゃくちゃ手間がかかる><

その間、エアコンが無い旧車で炎天下の元ではまさに地獄絵図。
ただ、待ちに待ってベストな状態で走らせると、
最高に運転が楽しくて楽しくていつも心が踊り感動します。
これはまさにスポーツカーで体験できるスポーツですね!
色んな汗をかきながら、一仕事を終えたところで、
今日もエアコンをきかせたエスティマハイブリッドで
快適に帰宅します。
新しいクルマには感謝しかありません。

是非、こだわりの旧車をクールマン迄ご覧にいらして下さい。