ブログ

自動車の車体番号には、それぞれ意味があるのですが、
メーカーを超え統一された明確なルールはありません。

ある共通したルールを、自社に適応させているメーカーは結構あります。
今回はロータスの車体番号についてその見分けを書きたいと思います。

2004~2010年までの車体番号ですが、

例えば

SCCPA11154HN3****

という車体番号ですと

〇一桁目

1 アメリカ
2 カナダ
3 メキシコ
4 アメリカ
5 アメリカ
6 オーストラリア
7 ニュージーランド
8 アルゼンチンなど
9 ブラジルなど
J 日本
K 韓国など
L 中国
M タイなど
S イギリス
T ハンガリー・ポルトガル
V フランスなど
W ドイツ
X ロシア・ブルガリア
Y ベルギー・スウェーデン
Z イタリア

これはメーカーを超えたルールでもありまして、

ロータスも採用しております。

Sなのでイギリスです。

 

〇2桁目は製造メーカーを表し、3桁目は車のタイプを表しますが

ロータスの場合1・2・3桁は必ずSCCで始まります。

 

〇4桁目はエンジンのタイプです。

A=2ZZのSC付260馬力 C=2ZZの190馬力エバポ無 N=2ZZのSC付255馬力

P=2ZZの190馬力エバポ有 V=2ZZのSC付220馬力 W=2ZZのSC付240馬力

Y=1ZZの140馬力 Z=2ZZのSC付220馬力

 

〇5桁目はシートベルトの方式でAかCのどちらかです。

 

〇6・7・8桁は3連で識別します。

「111」はエリーゼかエキシージ

「123」は2-Eleven

になります。

 

〇9桁はシリアルナンバーが正確なものかをチェックする記号ですが、気にしないでください

 

〇10桁目はモデルイヤーです。

B 1981 M 1991 1 2001 B 2011
C 1982 N 1992 2 2002 C 2012
D 1983 P 1993 3 2003 D 2013
E 1984 R 1994 4 2004 E 2014
F 1985 S 1995 5 2005 F 2015
G 1986 T 1996 6 2006 G 2016
H 1987 V 1997 7 2007 H 2017
J 1988 W 1998 8 2008 J 2018
K 1989 X 1999 9 2009 K 2019
L 1990 Y 2000 A 2010 L 2020

 

〇11桁目は製造工場です。

Hがヘセル工場 Bがシャー・アラム工場です。因みに今はHしかありません。

 

〇12桁はどのタイプで、どの国の車かを表しております。

C=右ハンドル D=左ハンドル F=イギリス右ハンドル G=イギリス左ハンドル

H=モータスポーツ用左ハンドル J=モータースポーツ用右ハンドル

N=右ハンドルエアコン付 P=左ハンドルエアコン付

 

〇13桁はモデルです。

「2」は2-Eleven  「3」はエリーゼ 「8」はエキシージです。

それ以降はシリアルナンバーになります。

 

なので、このSCCPA11154HN3****は

イギリスで製造されたロータス社の2ZZ190馬力エバポ付きのエンジンで、

アクティブベルト付きエリーゼかエキシージで、2004年式ヘセル工場製造の

右ハンドルエアコン付のエリーゼということで、

「エリーゼR」だということがわかりますね。