ブログ

独特のフォルムをもつMINIを設計した哲学とは

MINIというと今ではBMWの傘下で、お洒落で走りも楽しいクルマとして

非常に売れているクルマですね。

 

そんなMINIですが、元々は1959年にBMCが作り、

イギリスの衰退していく自動車工業界の中で、

製造と販売会社が何度も変わった複雑な事情がありますが、

40年以上に生産されたイギリスを代表する名車でした。

イギリスの大衆車と思われがちですが、

当初はイギリスの上流階級やお洒落な文化人が
MINIの価値を見出して乗っていたそうです。

最小で最大の効果とは

その価値とは「最小にして最大の効果」というもので、
長さ3メートル前後、幅1.4メートル前後のという

非常にコンパクトなサイズの中で、

大人4人を乗せてしっかりと走らせることができるのです。

大人4人も乗るということで車体の80%近くを人が乗るスペースになり

残りの20%のスペースで動力を司るという設計が革新的なものでした。

見た目や内装の雰囲気などはの古典的ですが、

中身は革新的とは、いかにもイギリスらしい文化ですね。

行ったことはありませんが、映画や写真で見ると

ロンドンをはじめイギリスの町並みの雰囲気は

新旧が見事に調和していると思います。

紳士でありながら、ダイナミックなことをするのは

カチッとしたスーツで銃撃戦に挑む007が代表的ですね。

それにしても「最小で最大の効果」とは

誰もが求める哲学でもありますね。

高級車を乗り回すことができる人達が、

その哲学に惹かれ、普及していき

じわじわと、大衆車になっていったのですね。

車体の20%のスペースで司る動力性能は、

軽量コンパクトなボディと、それを支える足回りなどにより

優れた操作性と走りを実現してくれております。

MINIクーパーが登場してツーリングカーやモンテカルロラリーでの

活躍が目覚ましくその当時を知る人たちは

熱狂的なファンが多いですね。

 

BMWのMINIは本当にデザインも性能も良く素晴らしい作りです。

ただ、少し高級な大衆車だと思います。

「最小にして最大の効果」というものとはかけ離れて

しまったような気が僕はします。

時代の流れか、ドイツ資本と売れる為のマーケティングや

安全性などでMINIのコンセプトが変わったのでしょうね。

設計者の想いや哲学も、大衆を前にするマーケティングや戦略の前では

都合のいいものしか採用されないのかもしれませんね。