ブログ

ヘッドライトの黄ばみの原因とキレイにする方法

黄ばみの原因とは紫外線による劣化

クルマの年数がたつと、ヘッドライトが黄ばんで曇ることがよくありますよね。

それは太陽の紫外線が主な原因になります。

一生懸命洗車したりしても、日の当たる場所に駐車していると

紫外線が当たりヘッドライト樹脂の表面が劣化していき、

黄ばんで曇ってしまいます。

ヘッドライトの素材について

昔のヘッドライトはガラスでしたが、

現在は樹脂製(ポリカーボネート)が多く使われています。

事故の際に飛散しないうえに、ガラスよりも頑丈でなので、

安全性で採用されております。

ヘッドライトの黄ばみが原因で起きる症状

ヘッドライトが黄ばむと、愛車は凄くみすぼらしくなります。

そのうえ曇っておりますので、夜間ライトを点灯して走っていると

暗くなってしまいます。

酷いものになると、ディーラーでヘッドライト交換に

なってしまうこともあります。

黄ばみをキレイに取り除く方法

最初はコンパウンドで磨いてみたのですが、

全然黄ばみは落ちません。

そこで、耐水の紙やすりでヘッドライトを磨きます。

水につけ、粗い番号のやすりから磨き、次に細かいものを使用します。

ヘッドライトの表面を削ります。

粗いものから徐々に細かい番号の紙やすりで仕上げていきます。

そして最後に仕上げとしてコンパウンドで細かく磨き上げます。

コンパウンドで磨き終わりましたら
コーティング剤を塗って保護し完成です。